営業要員を増やすなら、パートを雇うよりかテレマ外注のほうが安い

売上が足りない。
数字がなかなか上がらない。
もっと営業をしなければならない。

そんなときはパートを雇って自前で営業活動をする方法もありますが、
雇った人材が果たして 「ちゃんと働くか?」 ってところです。

それどころか一旦雇ってしまうと、辞めてもらうことのほうが大変で、ものすごい労力とエネルギーがかかる。
首を切れらたほうは、あとから会社の悪口を言いたい放題述べ、せっかくまじめに営業活動をしているのに、自社の評判が悪くなってしまいます。

それなら、テレマは外注にしてすっきりした方が良いかも。

特に零細企業は、継続的に人員を抱えないほうがよいと思う。

コスト的には割高かもしれないけれど、彼らはプロであり、仕事が出来るかできないか分からない人を一か八か雇ってみるよりも成果は出ると思う。


大体、面接時の履歴書にはいいことしか書かなく、嘘で塗り固められた虚偽の書類は信用してはいけません。

そんなわけで、テレマを投入するなら、外注業者さんに、必要なときに必要な分だけお願いをしましょう!



広告 フランチャイズ比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です