とにかく人ごみの熱田神宮初詣の裏技

名古屋の熱田神宮初詣は、多くの群集が押し寄せ、参拝を終えるまでに恐ろしいほど時間がかかる。
寒空の下、かじかんだ手をポッケに待っていることは耐え難いので、少しでも早く参拝ができないか監察をしておりました。

見ていて分かったこと、中央よりは進み具合が遅いことが分かりました。
なぜなら横に広がった群集が鳥居をくぐるところで一旦、ぎゅっと絞られるかのように中央に集まるため、センターは遅いのです。

道路工事のときの車線規制を思い出してみて下さい。入られる側は列が延びるということです。
両サイドのなるべく隅のほうを行くと、あなたは優位に立てるでしょう。

ただし、このポジションで進むと当然お参りをする場所も中央ではないので、本来の目的でいえば、どうかといったところではあります。

時間に余裕がある人は、センターでじっと順番を待つのもよいでしょう。

お参りのあとは宮きしめんで温かいきしめんを!

えび天金シャチきしめん(1,100円)

大きな海老天は衣がさくっとして、歯ごたえ抜群!

体も心も温まったら、おみくじです!

今年はなんと
なんと!
なんと!

大吉が出た(*^_^*)
今年は良い年になりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です